【Dots Members】[株式会社サウスワークス] 外国人の日本滞在をもっと楽しく! アニメ・マンガ・ゲーム好きのための体験型宿泊施設

2018年8月18日 • Views: 499

日本のゲームのローカライズやゲストハウスの企画・運営など海外に向けたお仕事を多く行なっている株式会社サウスワークス 代表 豊見山和樹さんにお話を伺いました。

「体験」×「宿泊」でより身近に日本の文化を感じて欲しい

現在は、どんなお仕事をされているんですか?

日本のゲームの海外展開のお手伝いやWebコンサルティング、また、新規事業としてゲストハウスの企画・運営を行なっています。


新しい付加価値と感動を創り出す 株式会社サウスワークス

ゲームの海外展開では、ローカライズといって翻訳やキャラクター・映像の描写を海外の方に好まれるように調整をしたり、法律や文化的にNGな表現がされていないか?なども確認をして、日本のゲームを海外展開するお手伝いをしています。

また新規事業として行なっているゲストハウスの運営・企画は「OTAKU HOUSE」という、日本のアニメ・マンガ・ゲーム好きのための体験型宿泊施設の開設をしたいと思い、プロジェクトを進めています。来年の春のオープンに向けて、現在はクラウドファンディングにも挑戦中です。

OTAKU HOUSEとはどんな場所ですか?

訪日外国人向けに、“日本の滞在を楽しんでもらいたい!”という思いから、日本のカルチャーともいえる、アニメ・マンガ・ゲームを取り込んだ「体験」×「宿泊」がコンセプトの宿泊施設です。
マンガ・ゲームを楽しめるのはもちろんですが、コスプレ・VR体験スペースなども作り、リアルに楽しめる場所になっています。

さらには、利用者同士のコミニュニケーションが生まれて「普段触れない文化に出会える場所」になると思っています。
例えば、漫画は好きだけどゲームには詳しくない、アニメは好きだけどコスプレはしたことがないとか。そういう人たちが集まって新しい文化を知れる場所になることが理想です。

OTAKU HOUSEプロジェクトを始めたきっかけはありますか?

以前から民泊を経営していたことと、僕自身もそういったジャパンコンテンツが好きだったので「民泊」と「アニメ文化」をマッチングさせたサービスを作りたいと思い、「OTAKU HOUSE」にたどりつきました。

また起業する前に、DMMのゲーム開発部門でweb開発や日本のゲームの海外展開(ローカライズ)を行っていたので、それらの経験も生かして海外向けのサービスを作ろうと思いました。
過去の経験から、海外向けのマーケティングの知見が培われており、それを生かしていきたいと思っています。

起業のきっかけは沖縄に貢献したい

独立したきっかけを教えてください!


もともと独立は考えていたのですが、一番の目的は出身である沖縄の地域活性化の貢献ですね。
沖縄は、農林業や観光・サービス業は充実しているのですが、それ以外の大きい産業がないし、新しい産業がないと活性化しづらいと感じています。将来その産業活性化に貢献できるように、まずはサウスワークスで付加価値の高いビシネスを創出していきたいと思っています。

お仕事でこだわっていることはありますか?

クオリティや質をあげるために常に「自分が受け手だったら」と考えて仕事をしています。
また、自身が行なっている仕事を楽しみながら取り組むことも質を担保する上で大事だなとも感じます。

Dotsを選んだ理由を教えてください!

アクセスの良さや価格面はもちろん満足しているのですが、一番は居心地の良さですね!
Dotsさん主催で交流会も開催しているので、利用者同士で仲良くなれることも、コワーキングならではの魅力だと思います。

他にも魅力は、いろいろとありますが、
僕は今のDotsさんの規模感が好きだし、あまり人気になって欲しくないので、この辺で。笑

最後にメッセージなどあれば、ぜひ!

Web・ゲーム・ゲストハウスはどれもコラボのできる業種だなと思っているので、いろんな方と一緒に取り組みができれば嬉しいです。
興味があれば是非話しかけてください!!

豊見山さん、ありがとうございました!来年春のOTAKU HOUSEのオープン楽しみにしています!

会社情報

社名:株式会社サウスワークス
代表:豊見山 和樹
企業HP:http://southworks.co.jp/


Comments are closed.